大学生ホビーレーサー日記

辛いものと二郎とトマトが好きなホビーレーサー

嬬恋キャベツヒルクライム


嬬恋キャベツヒルクライム

f:id:bicycle-Hiroki:20191121000130p:plain

当てにならんけど

今回は合宿に参加して、1週間置いてレースという形で挑んだ。合宿の期間中は強度は低かったがTSSは1週間で850くらい稼げていた。合宿が終わってからは2日休んで朝練して、また1日開けて筑波に行ったが、疲労か抜けきってなかったのか久しぶりの高強度に耐えられなかったのか全く走れず。新しいバイクに変えたっていうのもあったのかな?(一応前のanchorのポジションはほぼ再現した)そして1日あけて嬬恋村に前日入りし、エントリー。
今回はお試しで前2日間空けて挑もうかなって思ってだけど会場までの道を間違えて10分ぐらいそこそこの強度で刺激。この日の体重は朝に納豆ご飯、昼にはなまるうどんの肉うどん大盛り、夜にパスタ入れて寝る前は、62.0kg
当日は朝起きて61.5で飯食って62ぐらいかなそこからトイレに何回か行ったので本番は61.5ぐらいかな。朝飯は小さいパスタだけ。少しお腹ぎ空いてる感じだった。合宿終わってから足が重かったし、入賞狙ってたけどあんまり練習もできてなかったから無理かなって感じだったけど、とりあえず先頭集団につけるだけついていこうって感じだった。スタート前は5個入りパン半切れとマグオンのカフェイン入りのジェル1つ。
スタート後から万座ハイウェーに入るまでは割とゆっくりだったし、一般の部はネットタイム計測だったので後ろの方からスタートした方がよかったかも。万座ハイウェーに入るってからはずっと登り平坦の繰り返しで集団にギリギリついていけた僕はずっと集団(10人くらい)の最後尾だったし、引きたい人が引くって感じだったので先頭は一回も引けなかった。
半分くらいすぎるまでは登りでは体感だけど5倍以上出ててかなりきつかった。少し千切れてた時に平坦が見えて「ここが踏ん張りどころだ」と思い一気に追いついた。こんな感じの繰り返しだった。6.7割すぎてから強度が下がって集団後方にいた僕は少し余裕ができたけど先頭引くほどはできなかった。そしてサイコンを見ながら走ってたらみんながダンシングし出して、顔をあげたらゴールラインが見えたので一瞬遅れてスプリント、最後は先頭集団最後尾でゴール。49分58秒で年代別3位でまさかの入賞。今回はただのツキイチでの入賞で周りに申し訳ない気がしてならないので次のジャパンカップチャレンジレースはそういうことにならないように、というかこれから出るレース全部で気をつけようと思う。
newバイク 重量 9.2→7.9ぐらい
ギアも9sから11sで格段にに走りやすくなった。しかしいきなり入賞しちゃうって、やっぱりヒルクライムは機材ゲー感あるね

 

ゴールしてから下るまでの間で結構時間あったから海里さんと日本国道最高地点へ

前々から行きたかったから行けてよかった!

f:id:bicycle-Hiroki:20191121000053j:plain

国道最高地点

 その後は下って表彰式

f:id:bicycle-Hiroki:20191121000146j:plain

年別3位

その後は宿(民宿ひぐち)に戻って、最低限の荷物を持って草津の温泉へ、名前は何だったかな、西の河原温泉!

f:id:bicycle-Hiroki:20191121000821j:plain

西の河原温泉 シャワーとかないんだよね

解放感凄くて気持ちいけどね

ちなみに毎週何曜日かは混浴になるらしいよ(ぼそっ

次は腹が減ったので宿に戻る途中にあった飯屋へ

f:id:bicycle-Hiroki:20191121001319j:plain

樹っていう定食屋 くそ美味い

f:id:bicycle-Hiroki:20191121000154j:plain

この量で800円は安い! 登山に来てた夫婦の方とも話せて通じるとこがあってなんかうれしかったなあ

みんなもいってみて!

ここで今回の旅は終わり

なんか2日とは思えないぐらい濃かったな!最高!

こういうレースというか旅を一生続けて―な。